埼玉県IoT推進ラボ連絡会議は、行政機関や支援機関、金融機関が集まり、県内中小企業のIoT活用を支援するために発足しました。

IoT事例

IoT事例紹介

県内企業へのIoT製品導入事例をご紹介します。
長島鋳物株式会社(自社開発)
株式会社大王製作所(支援機関:埼玉県産業振興公社
有限会社大宗製作所(支援機関:埼玉県産業振興公社
株式会社テイエムシイ(支援機関:埼玉県産業振興公社
株式会社ジェイ・オー・シー羽生(支援機関:埼玉県産業振興公社
関口産業株式会社(支援機関:埼玉県産業振興公社
上板塑性株式会社(支援機関:埼玉県産業振興公社
株式会社G.W.JAPAN(支援機関:埼玉県産業振興公社
株式会社日さく(支援機関:埼玉県産業振興公社
三協ダイカスト株式会社(支援機関:埼玉県産業振興公社

設備更新に併せて、自らの創意工夫で鋳物工場をIoT化
長島鋳物株式会社(川口市)

事例概要

設備の更新に併せて、システムやセンサなどを組み合わせて、鋳造ラインを自動化。

企業概要

企業名:長島鋳物株式会社
住所:埼玉県川口市仲町2番19号
電話番号:048-252-439/ FAX:048-252-4393
資本金:2,880万円
従業員:140名
事業概要:公共水道用マンホール蓋の製造・販売

課題と施策

◆課題◆
製造するマンホール蓋の仕様が一品ずつ異なることもあり、同社の生産方式は多品種少量生産となっている。その為、納期を守りつつ、製品品質を持続的に担保するには、熟練作業者の勘やスピード等の経験知やノウハウが不可欠であり、その経験知やノウハウをいかに継承・改善していくかについて課題を感じていた。
また、マンホール蓋の製造の際には、多種類の木型や金型などが必要となるため、人手によるそれらの管理作業が複雑化し、費用と労力がかかっていたことも課題であった。
◆施策◆
シーケンサ等から取得できる各生産設備の動作データ等を取得し、生産管理上の注文情報と紐づけることで、情報を一元化する仕組みを開発した。これにより、モバイル端末や大型ディスプレイなどを通じて、稼働状況などをリアルに把握可能となるとともに、人力であったシステムへの各種入力作業等を自動化した。
また、「地域工場・中小企業等の省エネルギ―設備導入補助金」を活用して生産設備を更新するタイミングと併せて、製造現場のIoT化を実現した。具体的には、電気炉や注湯機などにセンサーのデータを取得・管理可能としつつ、最適な湯が自動で注湯される仕組みを構築した。

期待効果

開発した仕組みにより、注文からダイレクトにつながるため、様々な工程でタイムロスや作業負荷を減らすことができた。例えば、従来、生産数等を作業員が現場で紙に記録しておき、作業終了後、残業してPC等にデータ入力する必要があったが、それら作業が自動化してタイムロスが減るとともに、労務環境という観点でも大きく改善された。
また、これまで人手で行っていた注湯中の温度測定は、危険な作業であることもあり、頻繁に行うことが出来なかったが、遠隔からのリアルタイムな温度監視が実現したことにより、各工程の状況を踏まえた細かな温度設定が可能となった。これにより、無駄な電気代を削減するとともに、電気炉を過度に高温状態にしておく必要もなくなり、炉への負担・損傷も軽減することができた。
さらに、蓄積したデータを分析することで、例えば「この製品であれば、この温度で製造しなければならない」等の熟練作業者の経験知をデータから導くことが出来るようになった。これにより、製造の自動化をしても、継続的な製品品質を確保することができている。

支援企業

自社開発のため無し

計量機と基幹システムを相互に結び入出庫・棚卸作業時間9割削減
株式会社大王製作所三郷工場(三郷市) http://www.daiomfg.co.jp/

事例概要

製品及び製品箱に、製品バーコードを貼付。入荷時/出荷時等にQRコードを自動読取し、連動する基幹システムより、伝票出力、製品状態の即時更新を行う。電子秤の作業とも連動し、作業の効率化と在庫の見える化を実現する。

企業概要

企業名:株式会社大王製作所
住所:本社:台東区日本堤2-11-6
三郷工場:〒341-0042 埼玉県三郷市谷口550
電話番号:048-953-5001 / FAX:048-953-5005
資本金:10,000万円
従業員:35名
事業概要:キーホルダー、貴金属を含むアクセサリー、ノベルティー、キャラクターグッズ、玩具及び部品の開発、製造および販売
◆『平成29年度埼玉県ものづくりIoT強化支援補助金事業』採択企業◆

課題と施策

◆課題◆
計量器は単体使用のため、情報は伝票と製品及び製品箱に貼付したラベルを目で読取り、情報はすべて手入力。入荷/出荷作業に大幅な工数と時間を要した。
◆施策◆
製品・製品箱にバーコードを貼付。また、基幹情報と連動して、製品・在庫情報をデータベース化。入荷/出荷工程を自動入力を含め、作業時間を大幅に削減。また、在庫情報もリアルタイムに更新され、在庫の見える化を図った。

期待効果

◆大きな手間を要していた作業が、電子秤と基幹情報の情報連携による手入力工数の大幅削減、製品バーコードの自動読取りなど、入荷/出荷作業の省力化が図られ、従来に比べ、90%近い作業時間の短縮と出荷時間の短縮による顧客対応力の向上が可能となった。
◆更に、在庫のリアルタイム把握力強化で、営業及び管理部門が即座に見える事により、販売機会損失の削減、在庫の適正化に繫げる予定。
◆全社で活用するために、本社/営業部門にも別途資金で同時導入。

支援企業

(公財)埼玉県産業振興公社、(株)テラオカ

RFIDを用いた生産管理システムによる在庫・出荷エリアのIoT化
有限会社 大宗製作所(朝霞市)
http://saitama-sw4c-vip.net/member/640/

事例概要

主要取引先の少量多品種短納期化の要望に応える為、注文書に記載のQRコードを読み込み、製品データをRFIDタグに記録するIoTシステムを構築し、在庫・出荷管理に係る作業を大幅に効率化し、生産性と競争力の向上を図る。

企業概要

企業名:有限会社 大宗製作所
住所:〒351-0001 埼玉県朝霞市上内間木638-6
電話番号:048(456)3280 / FAX:048(424)2085
資本金:1,000万円
従業員:4名
事業概要:樹脂・金属 高精度機械切削加工
◆『平成29年度埼玉県ものづくりIoT強化支援補助金事業』採択企業◆

課題と施策

◆課題◆
出荷時の個数管理、登録が手作業であり、時間がかかり、ミスも発生していた。在庫管理が煩雑で年に1回しか実施できず、トレーサビリティ管理も十分にできていなかった。
◆施策◆
計数秤、バーコードリーダー、RFIDシステムを導入し、RFIDタグの情報をキーに既存の受発注、生産管理システムと連動。更には、入出荷、在庫管理システム化し、受注から出荷までの業務をRFIDタグによる連携で作業効率化を実現した。

期待効果

◆手作業での出荷処理、在庫管理が計数秤、QRコード、RFIDの導入と既存生産管理システムとの連携により、正確で短時間の自動処理となり、ミスも無くなった。
◆また、正確な個数管理、在庫管理ができるようになり、トレーサビリティも把握できるようになったので、リピート品や不良発生時の取引先からの信頼性が向上する。

支援企業

(公財)埼玉県産業振興公社、㈱アシストクリエイト、㈱モアソンジャパン、㈱テラオカ、㈱キーエンス

IoTを活用した進捗管理と生産性の可視化による高効率生産体制の確立
株式会社 テイエムシイ(戸田市)
http://www.tmc-brains.co.jp/

事例概要

工作機械の稼働状況をIoTシステムによりモニタリングし、既存の生産管理システムとの連動により、リアルタイムの情報を収集することで、より精度の高い生産管理を確立する。

企業概要

企業名:株式会社 テイエムシイ
住所:〒335-0031 埼玉県戸田市美女木2-25-3/6-12-19(第二工場)
電話番号:048(422)4030/ FAX:048(422)3333
資本金:1,000万円
従業員:29名
事業概要:プラスチック加工業・試作品製造
◆『平成29年度埼玉県ものづくりIoT強化支援補助金事業』採択企業◆

課題と施策

◆課題◆
本社と第二工場にある工作機械の稼働状況、稼働時間は、現場に常駐しないと把握できなかったので、計画通りの効率的な生産が出来なかった。
◆施策◆
工作機械から稼働実績を取り込むコレクター導入と工作機械内のカメラ設置により、稼働状況の見える化を図った。また、作業工程の計画を設定するスケジューラーを導入し、予実管理を実現した。

期待効果

◆工作機械の稼働データと工作機械内設置のカメラ映像を事務所でリアルタイムにモニタリングできるようになり、異常時の対応が迅速になった。
◆工作機械での作業の予定と実績の見える化により、遅延時間が分かり、改善対策の立案ができるようになった。また、正確な作業実績時間が把握できるので、作業計画の精度を上げることができる。
◆工作機械の稼働データ、カメラ映像の分析により、予防保全に役立てる。

支援企業

(公財)埼玉県産業振興公社、マルチック㈱、㈱テクノア、(有)ライプニッツ

スキャナー・センサー・サーバー導入による日報作成簡素化
株式会社ジェイ・オー・シー羽生(羽生市)

事例概要

◆複数の生産工程において、センサーによる自動カウント機能の実現。リアルタイムに生産数やサイクルタイムを把握し、最終出荷時の員数差異現象を最小化。
◆生産数や不良率など生産の見える化情報を元に、日報作成作業時間も短縮。

企業概要

企業名:株式会社ジェイ・オー・シー羽生
住所:羽生市小松台1-603-36
電話番号:048(562)3111/ FAX:048(562)3115
資本金:非公開
従業員:180名
事業概要:美容用品の製造
◆『平成29年度埼玉県ものづくりIoT強化支援補助金事業』採択企業◆

課題と施策

◆課題◆
工程の自動化は進んでいるが、スタート工程と最終出荷工程の員数差が、途中の工程での不良品数と不整合だったり、出荷梱包工程での員数カウントに人的ミスが出たりと、不具合調整に大きな時間を要し、日報作成にも手間取っていた。
◆施策◆
今回、いくつかの流れ工程において、員数カウントできるセンサーを設置し、更に最終出荷工程に、カウント数に基づく自動分離治具を設けたことで、出荷ミスが激減。生産状況の出来高情報をリアルタイムにリーダが把握し、日報作成も楽に。

期待効果

◆カウンターセンサーにより、自動的に生産数がリアルタイムに掴め、作業途中でも不具合が出れば、是正処置が即座にできるので、後戻り処理が大幅に削減できている。不慣れな臨時従業員が多い中での不具合の即時発見は、リーダにとっても的確な指示ができ、結果的に効率も上がる。
◆更に、生産状況の見える化は、当初の生産計画との差が見えてくるので、今後の新たな現場改善や人員の効果的な配置につながると考えている。
◆今後、実運用の中で改良を重ねながら、他のラインにも拡張していく予定。

支援企業

(公財)埼玉県産業振興公社、㈱クラフト・ビュー

RFIDを利用したトレーサビリティ管理による在庫削減と生産性の向上
関口産業株式会社 (東松山市)http://www.sekiguchi-sangyo.com/

事例概要

◆各生産工程で、品番等を記録したRFID(ロット単位:一部QRコード)の情報を現場で読み取り、リアルタイムで各工程での生産状況や製品の仕掛状況の見える化を実現し、生産性向上、トレサビリティ管理と中間在庫削減を図る。

企業概要

企業名:関口産業株式会社
住所:〒355-0076 埼玉県東松山市下唐子1955
電話番号: 0493(23)6111 / FAX:0493(23)6693
資本金:1,800万円
従業員:75名
事業概要:冷間鍛造による素材加工、精密機械加工
◆『平成29年度埼玉県ものづくりIoT強化支援補助金事業』採択企業◆

課題と施策

◆課題◆
各生産工程の進捗状況は、紙伝票で管理。生産数や生産状況は、夕方収集する紙伝票を集中入力。生産進捗状況の状況把握が十分に掴めなかった。
◆施策◆
各生産工程での進捗状況をRFID(小ロットはQRコード)でリアルタイムに把握し、選別工程やプレス工程での員数管理を、センサーを使ったカウンターで自動カウントすることにより、生産状況の見える化と製品のトレサビリティ管理を実現。

期待効果

◆各工程における生産状況がリアルタイムで把握でき、各工程の生産調整のフレキシビリティ性が向上。更に、後処理となっていた実績入力に対する事務工数が大幅に削減できた。
◆選別管理やプレス工程での自動カウント化により、中間工程での生産数の精度向上とともに、選別後の新生産番号付番により製品管理の精度も向上。製品のトレサビリティの把握が容易になった。
◆各工程での生産状況や中間仕掛りの状況がリアルタイムに把握できることから、今後順次、在庫の適正化を図り、全体の在庫削減につなげる予定。

支援企業

(公財)埼玉県産業振興公社、葉月システム㈱

正確な動作分析に基づく切削タクトの大幅改善
~IoT活用による改善活動の進化~
上板塑性株式会社 (三芳町)http://www.kamiita.co.jp


IoT機器の画像

事例概要

現場改善活動の更なる進化を目指し、加工機の動作データを自動収集すると同時に見える化を実現、得られた精度高いデータの分析に基づき慣行を打破する改善につなげる。

企業概要

企業名:上板塑性株式会社
住所:〒354-0045 埼玉県入間郡三芳町上富181
電話番号: 049-258-6000/ FAX:049-258-9192
資本金:8,500万円
従業員:94名
事業概要:精密冷間鍛造、自動車部品、スピーカー部品、機構部品・その他
◆『2017 IoT活用と現場改善研究会』に参画し実施(9か月活動)◆

課題と施策

◆課題◆
改善活動は定着してきているが、チーム編成後のテーマ・方針決定、また改善対象となる設備の動作状況調査に時間がかかっている。
設備の動作確認は人手作業(ストップウォッチ計測等)で多くの時間が必要となっている。
◆施策◆
IoT機器の導入により設備稼働状況を自動計測し改善活動前の準備工数を大幅に削減、またデータの『見える化』により問題点の絞り込みをスムーズに行えるようにする。

期待効果

サイクルタイム改善率:加工機 LT200 10.5% , 加工機 LB9 36.2%
◆制御ランプのON/OFFを信号として活用するIoT機器を開発したことで比較的古い加工設備へのIoT化展開の道筋が見えた。
◆加工設備の動作状況『見える化』は、現場作業員の課題意識向上に有効と実感。
◆高い目標値を設定した結果、慣行にとらわれない改善案の実施で標記成果が得られた。

支援企業

(公財)埼玉県産業振興公社、武蔵通産(株)

設備稼働の正確な把握と納期遅延解消
株式会社 G.W.JAPAN(さいたま市)https://gw-japan.co.jp/

IoT機器の画像

事例概要

納期遅延に関し内在する課題を解決すべく全社一丸となって本格的に現場改善活動をスタート。
併せて、従来把握不十分であった設備稼働の状況を『見える化』、不稼働時間の分析に基づく改善で生産性向上を図る。

企業概要

企業名:株式会社 G.W.JAPAN
住所:〒338-0823 埼玉県さいたま市桜区栄和 2-14-5
電話番号:048-764-8225/ FAX:048-764-8386
資本金:3,450万円
従業員:40名
事業概要:シート製品の2次加工、輸出入業務、etc
◆『2017 IoT活用と現場改善研究会』に参画し実施(9か月活動)◆

課題と施策

◆課題◆
内在する課題に対し改善活動展開が不十分。品質不具合対策の成果に比べ、生産管理に関して課題を残している。
◆施策◆
『受注、生産、払い出し』に係る諸問題を現場目線で抽出し対策を施す。また、生産現場にIoT機器を導入し設備稼働状況の『見える化』を図り生産性改善につなげる。

期待効果

納期遅延 65%の改善 継続展開で遅延解消をめざす
◆納期遅延の要因と思われる多くの項目を抽出、4大要因(設備・方法・管理・人材)として整理し、それぞれ改善チームを編成、活動展開したことで標記成果を得た。
◆IoT機器導入による稼働状況の『見える化』で従来疑問に思わなかった無駄作業が明確になり、対策を施した工程で11%の稼働率向上が図れた。
◆社を上げて現場改善活動に取組んだことで従業員の改善意識が高まった。

支援企業

(公財)埼玉県産業振興公社、武蔵通産(株)

IoT機器で設備の動作分析、改善施策で生産性を向上
株式会社 日さく(鴻巣市)http://www.nissaku.co.jp/

IoT機器の画像

事例概要

長年に渡り設定してきた加工条件を再度見直すため IoT機器を導入、正確な動作分析を基に現場の知恵を入れた改善施策の実施によって工程能力向上を図る。

企業概要

企業名:株式会社 日さく
住所:〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町四丁目119番地3
電話番号:048-637-7195/ FAX:048-644-3958
資本金:1億円
従業員:218名
事業概要:さく井工事、井戸メンテナンス、地下水関連設備工事、特殊土木工事、地質調査・建設コンサルタント、海外事業、井戸用設備製造・販売
◆『2017 IoT活用と現場改善研究会』に参画し実施(9か月活動)◆

課題と施策

◆課題◆
穴あけ加工機(1台)の加工能力がボトルネックで次工程設備(2台)が有効活用できていない。
◆施策◆
穴あけ加工機の制御パネルから必要な信号を取り出し、その信号をIoT機器でPCにデータ送信、専用ソフトで見える化を実現、動作分析に基づき改善施策の検討と実施。

期待効果

加工機の動作常時監視、今後動作分析に基づく改善施策の検討・実施
◆『データの見える化(グラフ表示)』により、現状に対する問題意識の強まりとともに、加工プログラムの変更提案など製造現場の改善意識が向上
◆取得データ(稼働率など)を日報に自動転記するソフト組込みにより日々の工数削減ができた

支援企業

(公財)埼玉県産業振興公社、武蔵通産(株)

データ自動送信装置を活用した設備稼働率改善
三協ダイカスト株式会社 (戸田市)http://www.sankyodc.com

IoT機器の画像

事例概要

鋳造機の稼働、非稼働時間を自動集計し稼働率を明確にするとともに、非稼働時間の内容について分析、改善の為の対策を実施することで稼働率の大幅向上を図る。

企業概要

企業名:三協ダイカスト株式会社
住所:335-0031 埼玉県戸田市美女木4-3-5
電話番号:048-421-3871/ FAX:048-421-9169
資本金:1,000万円
従業員:25名
事業概要:空圧制御機器、建築金物、医療機器、自動車部品、光学機器、その他精密機械部品多分野に渡る製品を生産
◆『2017 IoT活用と現場改善研究会』に参画し実施(9か月活動)◆

課題と施策

◆課題◆
散発するチョコ停等による鋳造機の非稼働事象を手書き日報ベースで記録管理をしているものの、改善活動への展開が不十分
◆施策◆
鋳造機の稼働・非稼働時間を精度高く自動集計するとともに、データーの見える化を実現するIoT技術の導入と不具合事象を改善する現場改善活動の推進

期待効果

設備稼働率:12.4% 改善
IoT技術を導入することで、鋳造機の停止時間である始業準備、金型段取り替え、不良対策作・チョコ停、終業作業等を正確に把握することができた
◆停止の状況・要因を詳細に分析、改善施策を施すことで標記成果を達成した
◆『見える化』で現場の意識が更に向上した

支援企業

(公財)埼玉県産業振興公社、武蔵通産(株)

お気軽にお問い合わせください。 TEL 048-621-7051 受付時間8:30 - 17:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 埼玉県IoT推進ラボ連絡会議 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.